中国・北京市の路線バスで子連れの女性が優先席に座っていた若い女性に席を譲るよう要求して口論になった。映像メディアの梨視頻が伝えた。

騒動があったのは16日。バス車内で撮影された映像には、小学生くらいの女児を連れた女性が、優先席に座る若い女性に「あなたが座っているのは優先席ですよ。知らないんですか?」と詰問する様子が映っている。若い女性は「道徳を強要しないでください。あなたが何も言わなければ彼女(女児)に席を譲ってますよ」と反論した。すると、その横で立っていた高齢男性が「あなたは確かに(席を)立つべきですよ。そんなに若いんだから。彼女は子どもを連れているのに譲らないなんて」などと若い女性を責めた。

同じバスに乗っていた男性によると、子連れの女性はバスに乗るなり若い女性の席にまっすぐ向かい「あなたはここに座ってはいけない。私たちに譲るべきだ」などと要求。座っていた若い女性は子連れ女性の態度の悪さに腹を立て「お子さんの具合が悪いなら譲りますが、そう言い方をするなら」と拒否し、口論になったという。男性は「道徳の強要は良くない。若い女性だって同じお金を払って乗っているのだし、体調が悪かったのかもしれない。加勢した(高齢)男性もそうだ。彼とは何の関係もないこと」と話した。

この騒動は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でトレンド入りしており、ネットユーザーからは「何を根拠に譲れと言うのか。そんなに座りたきゃタクシーに乗ればいい」「譲るのは善意であって義務じゃない」「この女性の態度では、譲りたくなくなる気持ちも分かる」といった声が上がる一方で、「そこは優先席なんだから譲った方がいい」「普通の席なら譲らなくてもいいが、優先席なら譲るべきなのでは?。そういう風に書かれているわけだし」といった声も。

また、「私も妊娠4カ月の時に、子連れの女性に席を譲れと言われた。無視していたら騒ぎ始めて、周りからも席を譲れと言われた。仕方なく妊婦であることを明かしたらみんな黙った。平気な顔して席を譲れと言える人が理解できない」との体験談や、「まず、連れている子どもは小さくなく自分で立っていられる年齢。次に、若い女性は席を譲らないのは女性の態度が悪いからだとはっきり言っている。自分から席を譲ってほしいと求めるにしても、言い方というものがある」との主張に多くの共感が集まっている。

このほか、「(関係のない)高齢男性に一番腹が立つ」「私はバスに乗る時、優先席には座らないようにしてる」「もう優先席なんてなくした方がいいよ」との声も寄せられている。(翻訳・編集/北田)