ユネスコ・国連教育科学文化機関世界遺産センターの公式サイトによりますと、「福建省閩江河口湿地:海、陸生物の地理的移行帯」がすでに正式に世界遺産暫定リストとして認められたということです。これは「海南熱帯雨林と黎族の伝統的集落」に続き、今年提出された2番目の世界遺産暫定リストです。

福建省閩江河口湿地は福州市長楽区北東部に位置し、面積200平方キロ余り、その中心地帯にある国家級自然保護区の面積は21平方キロです。

「ラムサール条約」科学技術委員会の会長を務める北京林業大学生態・自然保護学院の雷光春教授は「希少な絶滅危惧鳥類は福建省閩江河口湿地の大きな優位性だと考えている。ここで観測された鳥類は313種、国際自然保護連合(IUCN)が指定した絶滅危惧鳥類は5種で、生物多様性が特に豊富である」と表明しました。

なお、「世界遺産暫定リスト」は世界遺産検定の第一歩で、一般的に世界遺産検定のプロセスは8年から12年かかるということです。(提供/CRI)