サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場している韓国代表は28日、グループリーグH組第2節でガーナ代表に2-3で敗れた。ソウル中心部の光化門広場では、韓国代表を応援するパブリックビューイングが行われたが、試合に敗れたことと雨まじりの肌寒い天気などもあってか、第1節のウルグアイ戦の時とは異なり、終了後の会場はごみだらけだったと、中国紙・環球時報(電子版)が韓国news1の報道を引用して伝えた。

記事によると、会場には約5000人が集まった。広場のあちこちにごみ袋が備え付けられ、「ごみを捨てずに袋に入れてほしい」という案内放送が響きわたっていたが、一部の応援客はこれを無視して続々と去った。太極旗や応援グッズ、雨具、ビール缶などが散乱していたという。(翻訳・編集/柳川)