11月に発表された国家林業草原局トキ保護国家イノベーション連盟の最新統計によれば、世界のトキの個体数は現在までに1万1000羽に達しました。当初のわずか7羽から、現在の1万羽以上に増えるまで、トキ保護に携わる人々は42年間を費やしました。

トキは国家1級の保護動物であり、昔から「東洋の宝石」「吉祥の鳥」とも呼ばれてきました。トキはかつて、東アジア地域に広く分布し、中でも中国はトキの主要生息地でした。しかし20世紀には生存環境の変化など多くの要素の影響を受け、トキの個体数は激減してしまいました。

野生のトキは絶滅したと思われたのですが、1981年5月に中国西部の陝西省の洋県姚家溝の山中で7羽が発見されました。その時に撮影されたトキの写真は、日本の月刊科学誌『ニュートン』にも掲載されました。

それから40年間以上の保護を経て、中国及びその他の国の野生トキの個体数は1万羽以上に増加し、生息地は当初の5平方キロから現在の1万6000平方キロにまで拡大しました。

中国では陝西省の洋県をはじめとして、その後はトキ国家級自然保護区が設けられ、世界で最も多くの野生トキの個体群が暮らすようになりました。

1990年代からは、洋県の繁殖飼育センターで成長した300羽以上がセンター外で飛ぶようになりました。その場所は中国国内7省だけでなく、日本や韓国にもトキが提供されました。トキは陝西省の秦嶺山脈から世界に向けて羽ばたいているわけです。(提供/CRI)