中国国家林業・草原局トキ保護国家イノベーション連盟が今年11月に発表した最新の統計によると、世界のトキ総個体数は1万1000羽に達した。トキは中国国家一級保護動物であり、「東洋の宝石」「おめでたい鳥」などと呼ばれている。わずか7羽まで減少したかつての状態から、1万羽以上に増えた現在の状態まで、その裏にはトキの保護活動に関わる人々の42年にわたる努力がある。

中国科学院動物研究所鳥類学研究所の劉蔭増研究員は、「1981年に秦嶺山脈を3回目に訪れ、坂を下りている時、東の方に1羽の鳥が飛ぶのが目に入った。白鷺とは飛び方が違っていて、頭上に来た時に赤い色が見えた。この写真は1981年の調査中に姚家溝鎮(陝西省)で撮ったもので、世界初公開のトキの写真になった」と述べた。

トキはかつて中国、日本、朝鮮半島、ロシア極東地域に広く分布していたが、環境の変化と人間活動の影響により、20世紀になると一度姿を消した。1981年、中国の専門家が陝西省洋県で野生のトキ7羽を発見。それから42年にわたり保護を続けた結果、わずか7羽だった個体数は今や世界全体で1万羽の大台を突破し、野生のトキの生息地面積は7羽が発見された当時の5平方キロメートル未満から1万6000平方キロメートルへと拡大した。

陝西省はたゆまず努力し、自然の中で自立して生存できる野生復帰の放鳥を相次いで行い、安康市寧陝県、銅川市耀州区、宝鶏市千陽県、西安市周至県、渭南市臨渭区、西安市藍田県などで野生復帰の放鳥を行った。今やトキは秦嶺山脈を越え、長江流域から黄河流域へと生息域が拡大している。(提供/人民網日本語版・編集/KS)