中国人男性が「中国人入店禁止」の日本の飲食店に突撃する動画が、中国のSNS上で大きな反響を呼んでいる。

動画に登場した中国人男性は、東京都内のある中華料理店の店先に中国人や韓国人の入店を拒否する貼り紙が貼られていることを問題視し、「どういうつもりか聞いてみる」と入店。「これ何すかね?」と尋ねると店員は「中国人お断り」と返答。男性が「理由は何ですか!これ違法ですよ!」などと大声でまくし立てると、店員は「うるせえ」「違法じゃない」と応じ、手で店を出るように促した。

男性はその後、「店とトラブルがあって追い出された」と通報して警察官を呼び出し、「これ違法なんですよ。差別なんで。ヘイトスピーチですね」などと主張。警察官は「特定の人を入れる入れないはあくまでお店の判断」「われわれに強制力はない」と説明するも、男性は「それは国際問題になる」と食い下がった。


警察官は店側に男性の主張を伝えたものの、店側は貼り紙を剝がすことはしないと回答。男性は「国際問題になるんですよ。今年中国と韓国の観光客が何万人(日本に)来たか分かるか」などと話しを飛躍させ、最終的にその場を立ち去るように言われた。

男性は最後にカメラに向かって「警察は店側に強制できないと言っていたが、店先にこういう差別的な貼り紙をすることは違法だ。法的根拠がある。しかし警察は処理できないと言う。今後どうなっていくか引き続き注目していく」と息巻いた。

この男性は今年8月にも、東京・新宿にある飲食店のボードに「中国人へ 当店の食材は全て福島県産です」と書かれていたことが差別に当たると警察に通報し、店側に書き換えさせる動画を投稿していた。

今回の動画について、中国のネットユーザーからは歴史問題や福島第一原発の処理水問題に絡めた日本への非難の声が殺到したほか、「(男性は)カッコいい。少しもやつらを恐れていない」「彼を尊敬する」「中華料理店なのに中国人お断りって。すし屋でもやればいいのに」「日本の警察の事なかれ主義がマックスだ」「もし同じことが中国の飲食店で起きたら反省の声が殺到するのに、日本人が同じことをしても(日本人は)反省する必要はないってことか?」などのコメントが寄せられた。

一方で、「中国でも『日本人お断り』を掲げた店があったよな」「外交問題って。自分から挑発してるんじゃないか」「この前のあの動画も彼だろ」「再生数稼ぎか」「個人の土地なんだから誰を入れて誰を入れないかは店の自由」「正直、店は問題ないと思う。誰を相手に商売するかは店が決めるものだ」などの意見も書き込まれている。(翻訳・編集/北田)