中国のSNS・微博(ウェイボー)で、「新型コロナウイルスに何回感染した?」との話題が注目を集めた。

中国メディア・頭条新聞によると、広西チワン族自治区のある女性はこの1年間で4回陽性反応が出た。昨年1月にせきなどの症状が現れ、地元の病院に5回入院。新型コロナと診断されたのは3回で、4回目の感染を機に原因を突き止めようと別の都市の病院を訪れた女性は最終的に発症率が100万分の1というまれな疾患だと診断された。女性が感染を繰り返したのはこのためだったという。

新型コロナの感染回数をめぐって頭条新聞は感染回数を問うアンケートを始めており、ネットユーザーからは「分かっているのは2回。検査したから。でも実際は何回なんだろう」「感染したことがない。ワクチンは4回接種した」「検査するのが面倒で何回か分からない」という声や「今まさに2回目」「2回目は1回目よりつらい。鎮痛剤も全然効かなかった」「1回感染して熱が4日続いた。2回目は経験したくない」「2回目は症状が軽めだったけど、1回目はすごく怖かった。熱が40度まで上がってなかなか下がらなかった」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)