2024年2月26日、韓国・ヘラルド経済は「韓国の『BBQチキン』が米国で最高のファストフードチキンに選ばれた」と伝えた。

ジェネシスBBQは26日、同社が展開する「BBQチキン」が米国のフード専門誌「ASTE OF HOME」の「最高のフライドチキン」に選ばれたと明らかにした。同誌は米国全域のチキンファストフードレストラン7店舗を訪問してフライドチキンを試食し、BBQを最高のチキンに選んだという。また「最高のウイング」でも、KFCなど有名チキンブランド10社を抑えてBBQが1位を獲得した。BBQ関係者は「多数のグローバルチキンフランチャイズを制し米国で1位をとったことは大変意味深い」と話している。

BBQは米国、コスタリカ、フィリピンなど57カ国で約700店舗を展開。米国では50州のうち27州に店舗を構えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国のチキンはマジでおいしいよ」「チキンに本気の国、韓国(笑)。その気になればどこの国でも勝てる」「おいしいよね。ただ非常識なほど高額なのが問題だ」「1羽分2万ウォン(約2260円)は高い。そこまで出す価値があるとは思わない」「これでまた値上げするんじゃない?」「KFCより他の韓国内チキンチェーンとの勝負の方が苦戦すると思う」など、味を評価しつつ他店より価格が高いことを指摘する声が多く寄せられている。

その他、「BBQは第2のマクドナルドになれる」「各ブランドごとにソースの味、衣の厚み、ピースの大きさなどが異なる。どれが一番おいしいなんて決めるのに意味がある?。個人の好みでしょ」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)