2024年2月29日、韓国・世界日報は「日本の有名セクシー女優・小倉由菜が韓国の伝統市場(昔ながらの市場)にある帽子屋でぼったくり被害に遭ったとみられる動画が拡散し、韓国のネットユーザーの怒りを買っている」と伝えた。

記事によると、小倉は最近You Tubeチャンネルに「韓国の伝統市場に初めて行った日本人」と題する動画を投稿した。

動画で小倉は大邱市の西門市場を訪れ、ある帽子屋に立ち寄った。猫耳帽子を探す小倉に店主はカラフルな帽子を勧めて「ミンクファーです」と説明し、値段は「20万ウォン(約2万2500円)」だと伝えた。

値段に驚いた小倉が「高過ぎる」と言って交渉し、結局は13万ウォンで購入することになった。小倉が大喜びで支払いをする一方で同行スタッフは「本当にミンクですか?」と疑いの目を向けるが、店主は「本物のミンクだ」と断言。さらに購入後には帽子が「メイド・イン・チャイナ」であることが判明するが、小倉は「高かったけどかわいい」と満足げな表情を浮かべている。

しかしこれを見た韓国のネットユーザーからは「店主が外国人相手にぼったくり価格で販売したのではないか」と指摘する声が多数上がったという。

この記事にも「恥ずかしい。伝統市場が嫌われる理由だ」「あの帽子が20万ウォンもするわけがない」「私が伝統市場に行かない理由。店主が客を見て値段を変える」「反対の立場になって考えてみな。二度と西門市場には行かないよ」「伝統市場と呼ばないで。ただの詐欺師の集まり」「カメラで撮られているのに堂々ぼったくるとはすごい度胸」「カメラが回っていなかったら40万ウォンだっただろう」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

大邱市の西門市場