台湾メディアのETtodayは11日、宮崎駿監督のスタジオジブリ作品「君たちはどう生きるか」が第96回アカデミー賞長編アニメーション賞に選ばれたことについて、「ライバル」の発言が物議を醸したと伝えた。

記事によると、「君たちはどう生きるか」の受賞を受け、同賞を争った「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」で主人公の声を務めた俳優シャメイク・ムーアはX(旧ツイッター)で「robbed(盗まれた、奪われた)」と書き込み、物議を醸した。

ネットユーザーからは、「そんなことはない」「申し訳ないがそれはない」などと反論が寄せられ、「『スパイダーマン』は素晴らしいが『君たちはどう生きるか』が受賞に値した」「宮崎駿は史上最も偉大なアニメーション監督だ」「偉大なアニメーション監督を尊重すべき」といった声も上がったという。

シャメイク・ムーアはその後、「受賞者には敬意を表する。私は負けず嫌いで、実際負けていない」とした上で、「『スパイダーバース』はたくさんの人生に影響を与えた。われわれは今夜、認められなかったかもしれないが、これからも日々は続いていく」とつづった。

さらに、ポストが物議を醸したことについて「私は若い。それに戦士だ」と説明し、最終的には「君たちはどう生きるか」に祝福の言葉を送った。(翻訳・編集/北田)