中国メディアによると、韓国を訪れた中国の複数の団体ツアーが、現地で買い物を強要され、それに従わなかったところ、バスから降ろされるということがあった。

中国のSNS上にこのほど、そうした状況を訴える投稿があった。

ツアー参加者は70代の高齢者が中心で、旅行会社側と数時間にわたって相譲らなかった。参加者は昼食も取ることができない状態で、ガイドはツアーを継続するには参加者1人当たり400元(約8000円)を追加で支払うよう求めた。その後、参加者が400元を支払ったため、旅行会社側はツアーの継続に応じた。

当事者から在韓中国大使館に助けを求める連絡があり、大使館職員が双方の間に入って処理した。

大使館は、旅行者に対し、旅行会社や旅行商品を選ぶ際は慎重を期し、不当な「格安ツアー」に用心し、買い物強要などによるトラブルに巻き込まれて旅行体験や安全に影響が及ばないよう注意喚起した。(翻訳・編集/柳川)