2024年6月4日、中国のSNS・微博(ウェイボー)で「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)」の公式アカウントが6人の中国人の観客の感想を紹介した。(本記事はネタバレを含みます)

同公式アカウントが紹介した1人目は、「とても面白かったです。なぜかは分からないけれど、映画のタイトルが出ると突然とても感動して、全身に鳥肌が立ちました。ドラえもんは私の子ども時代の象徴のようなもので、映画は毎年一度も欠かしたことがありません。ドラえもんはずっとのび太のそばにいてほしい。そして、もちろん私たち観客のそばにもずっといてほしいです。来年の映画も楽しみにしています。いつもそばにいてくれてありがとう」と述べた。

2人目は、「子どもの頃からずっと見てきたドラえもんですが、今でも新作映画が公開されています。今回は音楽がテーマになっていて、のび太と友達が音楽を通じて宇宙生物による地球への攻撃を防ぐ物語。のび太がリコーダーの練習を始め、一歩一歩努力して演奏家になるまでのお話です。映画の音楽はとても素晴らしく、結末もとても感動的で、タイトルにとても合っていると思いました」と言及した。

3人目は、「子どもの頃は特にドラえもんが好きでした。ドラえもんがいれば、どんな願いもかなう気がしていました。ただ大人になって見てみると、好きなのはドラえもんの秘密道具だけではなく、仲間に対する思いやりであることに気が付きました。いつドラえもんを見ても、その温かさに感動します。子ども心を持った愛のあるドラえもんは、いつもあの小さな手を差し伸べてくれる。現実にもドラえもんのような友達が欲しいです」と述べた。

4人目は、「とても面白かった。私の子ども時代は過ぎ去り、少しずつ大人に成長してきましたが、ドラえもんとのび太は永遠に変わらない存在です。多くの人々にとって、ドラえもんは単なるアニメや漫画ではなく、子ども時代を共に歩んできた美しい思い出です。ドラえもんの物語はファンタジーと温かさに満ちており、彼が伝えるポジティブなエネルギーと前向きな精神は、私たちの成長過程で多くの励ましとインスピレーションを与えてくれました」と述べた。

5人目は、「ドラえもんは私の子ども時代の思い出であり、子どもの頃に一番好きだったアニメです。大人になった今でも、その愛は変わりません。映画のストーリーはよくまとまっていて、映像の質も高く、色彩豊か。一瞬で無邪気で幸せな子ども時代に戻った気分になりました。大人は本当に疲れるので、ドラえもんの世界に戻って子どもになりたいです」とつづった。

6人目は、「全体的に、近年のドラえもんの映画における標準的なクオリティーと一貫した想像力が維持されていました。特に序盤には驚くような魅力があり、家族全員が楽しめる素晴らしい作品です。映画館の中では大人も子どもも楽しんで見ていました。最後の合奏シーンは感動的で、映画全体には観客を楽しませる要素が多く含まれています。それらを理解した時にはきっと心から笑うことができるでしょう」と述べた。

同作は、先月31日に中国で公開され、今月6日時点で累計興行収入が9584万(約20億円)を突破している。ドラえもんの映画は毎年同時期に公開されており、6月1日の中国の子どもの日に合わせて鑑賞する観客も多い。(翻訳・編集/岩田)