中国メディアによると、黒竜江省牡丹江市にある単科大学の黒竜江幼児師範高等専科学校は11日、「大学生がマスゲームのために購入した400枚余りのスカートを着用後にまとめて返品した」とする情報がネット上で拡散したことについて、高度に重視して調査を行った結果、そのような状況が存在することが確認されたとし、当該学生に教育的指導を行い、販売業者と解決策を話し合うための専任担当者を配置したと発表した。

販売したネットショップの担当者によると、「学校のイベントでスカートを使用しなくなった」との連絡があったため、未使用品として二次流通できると思っていたところ、送られてきたスカートは着用や洗濯の痕跡があり、異臭もしたため廃棄し、8000元(約17万3000円)近い損失が生じたという。(翻訳・編集/柳川)