台湾メディアの中時新聞網は10日、日本からの輸入米をこだわりの方法で炊いた男性にネットユーザーから驚きや称賛の声が上がったことを伝えた。

記事によると、男性は「最近訪れたコストコに見たことのない『あきたこまち』があったので、すぐに買って味わってみたらすごくおいしかった」とのエピソードをSNSに投稿した。

その中で男性は、米粒をデジタルノギスを使って計測したことを紹介。また、水は米をとぐ段階から超軟水を、炊くのには土鍋を使ったことを記し、「味は甘みがあって色つやは『玉』のようだった」と報告したところ、大勢のネットユーザーが「プロフェッショナルすぎる」「え?土鍋とは専門的…」「デジタルノギスだってすごい」などの反応を示した。中には「あなたこそご飯の神様!」と感嘆の声を上げる人もいたという。(翻訳・編集/野谷)