中国広西チワン族自治区で12日、路線バスを利用した83歳の女性が路上で転倒して死亡する事故が起きた。

中国メディアによると、この事故は同自治区柳州市のバス停で12日午後0時40分ごろに起きた。下車した女性が持っていたカートがバスから降りきっていない状態でドアが閉まり、女性の手とカートを挟みながら発車したことが原因で、けがを負った女性は病院に搬送されたが、その後死亡した。

バス会社は13日夜、初期の調査結果として、運転手の確認不足が事故原因だと説明。深い遺憾と自責を表明した上で事故発生後に緊急会議を開いたことなどについて述べ、同様の事故の再発を全力で防止するとした。(翻訳・編集/野谷)