中国メディアによると、北京発合肥行きの寝台列車で14日、男が相部屋の女性の方を向いて裸になるということがあった。

女性は深夜、部屋の電気を消し、寝台の枕元の小さいライトをつけてスマートフォンを見ていたところ、突然違和感を覚えた。

女性によると、薄暗い中、向かい側の寝台の男が布団も掛けずに裸で寝たり、起きて水を飲んだりする様子が見えた。水を飲む音がとても大きくて、女性の注意を引こうとしているように感じられたという。

女性はスマホで画像を加工するふりをして「証拠」を撮影し、トイレに行くふりをして乗務員のところへ行き、鉄道公安官に通報した。

鉄道公安官が到着した時、男はすでに服を着ていて、酒を飲んでいて何も覚えていないと話した。

女性は寝台を変更してもらい、鉄道公安官は男に厳しく注意した。(翻訳・編集/柳川)