米ヒューストンで行われている卓球の世界選手権の表彰式で中国国歌が流れた際、日本の張本智和が真っ先に脱帽したことが中国で報じられ、反響が寄せられている。

29日に行われた混合ダブルス決勝で、日本の張本・早田ひなペアは中国の王楚欽(ワン・チューチン)・孫穎莎(スン・インシャー)ペアに敗れて準優勝だった。

注目を集めているのは表彰式での一幕。今大会は開催地にちなんで、表彰式で選手にテンガロンハットがかぶせられていたが、優勝ペアをたたえて中国国歌が流れることが会場にアナウンスされた瞬間、張本は表彰台にいた8人(3位はペア2組)の中で誰よりも早く帽子を取った。

中国メディアの鳳凰網体育は「義勇軍進行曲が流れる時、張本智和の反応が最も早く、真っ先に帽子を取って敬意を示した」とし、「多くの失敗を経験し、張本智和はますます礼儀正しくなっている。彼はまた壇上で拍手をして中国を祝福した」と報じた。

中国のネットユーザーからは「はははは。やめとけ。日本でたたかれるぞ」「私の心は中国にありますってか?」などとやゆする声が上がる一方、「これは張本智和が礼儀をわきまえているということだろう。こんなことでも嘲笑するのか?」と擁護する声や、「彼に対する印象が良くなった」「子どものころからの教育が良いからだろう」「相手に敬意を表してもらえるというのは、スポーツ選手として最高の境地だな」と好意的に受け止める声も目立った。

このほか、「台湾ペアは脱帽をためらってたな」「最後に帽子を取ったのは(台湾の)林昀儒だ。なぜ彼を中国本土で練習させてやらないといけないんだ」など、台湾ペアに批判の矛先を向けるユーザーも散見された。(翻訳・編集/北田)