中国のポータルサイト・捜狐に27日、卓球日本代表のエース・早田ひなの発言は「恐ろしい」とするスポーツ系セルフメディアの記事が掲載された。

韓国釜山で行われた卓球世界選手権団体戦で決勝に進んだ女子日本代表は、中国と接戦を演じながらも敗れて準優勝となった。中国が6連覇を飾ったものの、日本が2勝を挙げて中国を追い詰めるなど、これまでとは違う試合展開だった。

記事は、この結果について「中国はより注意しなければならない」と危機感を示し、「早田ひなが陳夢(チェン・モン)に勝利したことは非常に感慨深く、日本のエースは中国のほとんどの主力レベルに追いついたと言える」と評した。

また、(中国が)1−2でリードされて後がない状況で早田とのエース対決に臨んだ孫穎莎(スン・インシャー)が3−0で勝利したことについて、早田が会見で「決勝では1勝できたが、エース対決になった時に力不足を感じた。孫穎莎選手が本当のエースだと感じた」「(孫は)私の三つぐらい上のレベル」と語ったことに言及。この発言に恐ろしさを感じるとし、「(早田は)過剰なまでに謙虚だが、このよう(な姿勢)であればあるほど、良い成績をあげられるだろう」と論じた。(翻訳・編集/北田)