オバマ前大統領夫人に韓国の伝統衣装を着せた韓国人アーティスト、米国で話題に

2019年11月14日、韓国・中央日報は、米国で活動する韓国人グラフィティアーティストのシム・チャンヤンさんについて報じた。

記事によると、シムさんは韓国の大学を中退後にフィリピンの大学に入学したが、高3のときに趣味で始めたグラフィティで生きていく夢を諦めきれず2年で中退。その後2016年にノービザでグラフィティの本場・米国の地を踏んだという経歴の持ち主。

その後、米国生活1カ月半にして「揺れて咲く花」と題する韓服(韓国の伝統衣装)を着た黒人女性にハングルで書かれたカリグラフィーを添えた作品が注目を集めた。世界的スターのリアーナがシムさんのSNSをフォローしたことや、韓服を着たミシェル・オバマ前大統領夫人のグラフィティも話題となった。

米国で称賛を受けた秘訣(ひけつ)について、シムさん本人は「グラフィティでわいせつにしか表現されなかった黒人女性を、韓服を通じて礼儀を持って表現したことに人々が感動したようだ。見下されてきたことに対する傷と回復、和解のようなメッセージとして受け入れられたのだろう」と述べたという。また今後は、黒人女性、外国人労働者、多文化家庭の子どもたちなど「疎外された階層」をテーマに絵を描く考えだそうで、「韓服やハングルなど韓国的なものとの結合を通じて、作品から美しいエネルギーを与えられる人になりたい」と抱負も語ったという。

これを受け、韓国のネット上では「かっこいい」「奇抜なアイデア。それにグラフィティの実力もすごい」「応援する。国際的な芸術家になって韓国の価値を高めていってください」など称賛のメッセージが送られている。

一方で「オバマ前大統領の作品は慰安婦合意と日韓秘密軍事情報保護協定」「親日派のオバマ前大統領が韓国にどんなことしたか分かってる?」「オバマ前大統領夫人に韓服は似合わない」「むしろ着物が似合う夫婦」などの声も上がっており、韓国におけるオバマ前大統領に対する印象はあまり良くないようだ。(翻訳・編集/松村)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る