チベット住民の平均寿命が70.6歳に―中国メディア

中国国家衛生健康委員会は、北京で23日に開催した記者会見において、「チベット自治区の住民の平均寿命は、平和解放当初の35.5歳から、現在の70.6歳に延びた。妊産婦死亡率は、10万人あたり5000人から56.52人に、乳児死亡率は430‰から11.59‰にそれぞれ低下して2020年目標を前倒しで達成した」と発表した。新華社が伝えた。

新中国成立70周年にあたる今年は、チベット民主改革60周年でもある。自治区健康衛生委員会党組織の王雲亭(ワン・ユンティン)書記は、記者会見において、「全自治区における健康サービス体系は今や全面的に確立しており、無料診察をベースとする農牧業地域の医療制度が完備され、衛生健康事業の新体制が速やかに形成されている」と紹介した。

2018年の時点で、自治区の医療衛生機構の総数は1548カ所、医療衛生機構の病床数は1万6787床、人口1000人あたりの病床数は4.88床に、それぞれ達した。衛生業務従事者の総数は2万4018人、衛生業務技術者数は1万9035人、人口1000人あたりの衛生業務技術者数は5.54人。人口1000人あたりの医師/助理医師(専科卒業の医師)数は2.41人、登録看護師数は1.62人に上り、自治区・市・県・郷・村という5レベルの都市・農村を網羅する医療サービスネットワークが形成されている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索