四川省でM6の地震、さらに大きい地震発生の可能性少ないとの見方

四川省でM6の地震、さらに大きい地震発生の可能性少ないとの見方

四川省地震局の長寧M6級地震プレス向けブリーフィングが18日未明に開かれ、中国地震台網の公式観測によると、北京時間2019年6月17日22時55分に四川省宜賓市長寧県双河鎮(北緯28.34度、東経104.90度)でマグニチュード6.0級の地震が発生し、震源の深さは16キロであることを明らかにした。中国新聞網が伝えた。

今回の地震の震源地は長寧県双河鎮で、四川省南部に位置し、構造的には比較的安定した華南ブロック(揚子パラプラットホーム)にあり、震源地から100キロ圏内では大規模な地域的な活断層は見られていない。これまでにネットでこのエリアでさらに大規模な地震が発生するというデマが流れている件について、四川省地震局の専門家の杜方(ドゥー・ファン)氏は、この地域でこれ以上の規模の地震発生の可能性は低いとしている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索