韓国、U-20W杯準優勝選手の出身校に奨励金=中国ネット納得

2019年6月18日、韓国サッカー協会が、U-20ワールドカップ(W杯)で準優勝したU-20韓国代表に計10億ウォン(約9200万円)の報奨金を用意し、うち6億ウォンは選手団とコーチングスタッフに支給され、4億ウォンは代表選手を輩出した小中高校38校に育成奨励金として分配されると報じられ、中国でも注目を集めている。

中国のネットメディアの新浪体育は18日、この情報を伝えた上で、韓国サッカー協会が昨年7月にも青少年サッカーの活性化のために40億ウォンを投じていることを紹介した。

これについて、中国のネットユーザーからは「日本や韓国は資金を青少年に投じ、中国は帰化選手に投じている」「中国が追いつけないのも当然だ」「日韓は長期的な展望の下で青少年を育成しているのに対し、中国は帰化選手を活用して当面の成果を求めようとしている。どちらが中国サッカーのためになるかは明白だ」「他国のサッカー協会が何をしているか、われわれのサッカー協会が何をしているかを、しっかりと見なければならない」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索