中国のマーラータンが韓国で人気、中国ビールの販売増をけん引

2019年6月23日、中国メディアの澎湃新聞は、韓国の若者の間で中国のマーラータンの人気が高まり、中国ビールの販売増のけん引役となっていると報じた。

記事は韓国紙・中央日報の21日付報道を引用し、「韓国のコンビニ大手CUが過去5年間の国別ビール販売比率を分析した結果、トップの日本ビールの販売が減少した一方で、中国ビールの販売は大幅に増加したことが分かった」と報じた。

中央日報によると、中国ビールの販売増加はマーラータン・ブームの影響によるものとの見方があるという。マーラータン専門店はもともとソウルの大林洞や建国大などに集中していたが、この1、2年間に光化門や汝矣島、江南のほか、各地域に広まっているという。

中央日報は「韓国の通販サイトによると、中国の香辛料の麻辣粉とマーラータンの食材の今年の売上高は、昨年に比べ96倍以上に増えた。マーラーシャングォ(麻辣香鍋、しびれ辛炒め)関連食材の売上高も同41倍以上に増えている。こうした辛い料理の『お供』として中国ビールの売上高も大幅に増加している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索