中国、宇宙技術で煙霧対策をサポート―中国メディア

中国生態環境部(省)は昨年、大気汚染対策重点エリアで全面的に「千里眼計画」を開始した。衛星リモートセンシング技術を使い各エリア内のPM2.5年平均濃度が高いホットスポットグリッドをふるいにかけ、重点的に監督管理を行う。この新たな需要を満たすため、航天科工智慧産業発展有限公司はIoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)の関連技術を導入し、大気汚染ホットスポットグリッド細密化展示プラットフォームを独自開発し、地域の大気質管理水準を高めるための「宇宙の知恵」を提供している。人民網が伝えた。

研究開発者によると、同システムは衛星リモートセンシングデータ、大気質モニタリングステーションのデータ、環境保護当局の既存の環境統計及び汚染物排出データなどを利用し、3×3キロのホットスポットグリッド、重点エリアの500×500メートルの細密化大気センシングネットワークを分析・構築した。都市のすべての高度排出重点エリアを正確にカバーした。

グリッドの中で、システムは環境大気質マイクロステーション、車載路面モニタリングシステムなどでデータを収集し、システム内の全分析装置・設備の稼働状態とモニタリングデータの情報化管理を実現している。汚染物のリアルタイム濃度分布の流れ、伝播の過程、変化の法則などを全面的に把握できる。また大気環境汚染問題を速やかに発見し、大気汚染事件の反応・処置時間を短縮し、ガバナンスのターゲットを絞ることができる。

同プラットフォームは宇宙情報技術を利用し、大気汚染対策活動を経験型・粗放型からテクノロジー型・ターゲットを絞った型に変化させた。そして、大気汚染ガバナンスにおける政府主導・部門協同・社会参加・公衆監督の新局面を形成するのをサポートしている。(提供/人民網日本語版・編集YF)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索