高級感ある名前のビールが続々登場、個性派デザインのフルーツビールが女性に人気―中国

高級感ある名前のビールが続々登場、個性派デザインのフルーツビールが女性に人気―中国

今月8日に立秋を迎え、ザリガニの値段が上がり、カニがおいしい季節がやってくる。そして、ビールは夏になってからずっと存在感を示し続けている。6−8月の3カ月間は、1年でビールが最も売れる時期だ。スーパー数軒を取材してみると、「高級感」のある名前のビールが増えているほか、フルーツビールが人気となっていることも分かった。揚子晩報が報じた。

▼高級感ある名前のビールは値段も高め

「中国クラフトビールMaster Gao BabyFatジャスミン茶ラガービール」、「ドリーム醸造ストロベリーフルーツクラフトビール」、「ヒューガルデン福佳白ビールベルギー風味クラフトビール」。舌がもつれそうで、響きに高級感ある名前のビールが今年、ビール市場で数多く見られる。

しかし、こうしたビールは名前に「高級感」があるだけでなく、実際に値段も高い。例えば、オンラインショッピングモール・天猫(Tmall)では、「ドリーム醸造ストロベリーフルーツクラフトビール」(320ml)が6本セット299元(1元は約15円)、「ヒューガルデン福佳白ビールベルギー風味クラフトビール」(500ml)が18缶セット400元で販売されている。南京のローカルブランド「中国クラフトビールMaster Gao BabyFatジャスミン茶ラガービール」は(500 ml)が1缶15元だ。

▼びっくり!数百種類もあるフルーツビール

スーパーの商品棚には、一般的なビールや純生ビールのほか、バナナビール、マンゴービール、ローズビールなども並んでいた。あるスーパーの店長は取材に対して、「フルーツビールはよく売れている。女性がよく買っている。常連客はブランドを見て買うが、新しい客は新鮮味のある味のビールに興味を持ちやすい。また、フルーツビールはアルコール度数が低く、ジュースのようなので、お酒があまり飲めない人にも向いてる」と説明した。

実際には、フルーツビールはフルーツ酒の一種だ。ビールの専門家は、「フルーツ酒に用いられる酒には白酒、ビール、カクテルなどがあるが、フルーツビールのベースになる酒はビールだけだ。ビール類でも広くフルーツ酒が作られており、多くの人が見たことがあるフルーツであれば、そのフルーツビールが必ずと言っていいほどある」と話す。南京市内の1912街区のバーを取材すると、200種類以上のフルーツビールを扱っているところもあった。

スーパーを数軒取材したほか、ネット上でも検索してみると、「雪花」、「青島」、「哈爾浜(ハルビン)」など、中国でおなじみのビールブランドはフルーツビールを出していなかった。では、フルーツビールは、一般的なビールの売り上げに影響を与えているのだろうか?ショッピングサイト・淘宝網で「ビール」と検索し、売り上げランキングを見ると、10位以内に一般的なタイプのビールが6種類入っていたのに対して、フルーツビールは2種類だった。(提供/人民網日本語版・編集KN)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索