韓国、自主開発した戦闘機は「F-35に比肩」と主張―中国メディア

2019年10月16日、環球網は、韓国が開発する戦闘機KF-Xについて、開発メーカーが「性能面でF-35に比肩しうる」とコメントしたと報じた。

記事は、米国のオンライン軍事誌ディフェンス・ブログの15日付報道を引用。韓国が自ら開発する第4.5世代戦闘機KF-Xが厳しい設計審査を通り、プロトタイプ開発の段階に入ったと伝えた。

また、飛行機のフルサイズ模型が今月15-20日に行われているソウル航空宇宙・国防展覧会で初めて公開されると紹介。自前の電子スキャン式フェーズドアレイレーダーを搭載し、最大離陸重量25.6トン、最大有効積載量7.7トンで、飛行速度は最高マッハ1.8、巡航距離は2900キロとなっているとしたほか、米国のミサイルシステムとの互換性を持つ一方で、現時点で米国がミサイルの輸出許可を出していない状況だと伝えた。

さらに、韓国の航空機メーカー韓国航空宇宙産業(KAI)が同戦闘機について「4.5世代と称されるが、第5代戦闘機であるF-35Aと似ている。ランニングコストは米国のステルス戦闘機の半分で、なおかつF-35Aに近いハイテク機動力を備えている」と説明したことを紹介している。

記事は、開発に進展が見られた一方で、計画はなおも課題が存在すると解説。まず、潜在的な資金不足を挙げ、同機唯一の国際協力パートナーとして約13億ドル(約1400億円)の出資をする予定のインドネシアが、そのわずか13%にあたる1億9000万ドル(約210億円)しか支払っていないと伝えた。

また、国産の電子スキャン式フェーズとアレイレーダーに注目が集まる一方で、このレーダー開発が同機の計画において最も大きな試練になるとの見方が専門家から出ているとした。(翻訳・編集/川尻)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る