2021年3月1日、中国の軍事科学雑誌「海陸空天慣性世界」は、「日本はこの技術で世界をリードしており、米国や中国と比べても30年は先を行っている」とする記事を掲載した。

記事は、英軍事誌「ジェーン・ディフェンス・ウィークリー」の電子版が先月19日、日本の防衛装備庁が極超音速ミサイルプロジェクトで三菱重工との提携を開始したと報じたことで、この分野で世界をリードしているロシアなどの憂慮を生んだと紹介。「専守防衛という制約がありながらも日本は近年、米国の支援の下で装備を強化している」と伝えた。

その上で、「軍事専門家は、日本のある技術が米中をはじめとする世界各国を30年リードしているとも注意喚起している」とし、その技術が鉄鋼精錬技術であると説明。日本は1970年代より鉄鋼精錬技術を「爆発的」に発展させてきており、吹錬技術や炉外精錬技術は工業先進国として知られるドイツをも上回っているとした。

そして、「武器装備は鋼鉄精錬技術による支えが欠かせない」とし、日本は武器開発を行う上で十分な「動力」を備えていると主張。「将来日本は自らの鉄鋼精錬技術と戦車の射撃管制システムを融合させる可能性があるとさえ主張する専門家もいる」と紹介した。(翻訳・編集/川尻)