国際連合安全保障理事会の今月の輪番議長国を務める中国の提案より、安保理は7日にオンライン方式で「国際平和と安全の維持:多国間主義と国連中心の国際体制を守る」をテーマにしたハイレベル会合を開催した。同会合では中国の王毅国務委員兼外交部長(外相)が議長を務めた。新華社が伝えた。
王部長は、「昨年9月、習近平国家主席が国連創設75周年を記念した一連のハイレベル会合に出席し、多国間主義のについて踏み込んだ解釈を行い、多国間主義の道を堅持すべきだと明確に指摘した」と指摘。
また、「国連は多国間主義の旗印だ。多国間主義を堅持するには、『国連憲章』の趣旨と原則を礎石とした国際関係の基本ルールを維持し、国連の権威と地位を維持し、国際問題における国連の中核的な役割を維持することが必要だ」と述べた。
さらに王部長は、「今世紀最大のパンデミックと過去百年なかった大きな情勢の変動に直面して、各方面は手を取り合って協力する互恵・ウィンウィンの道をあゆむことを堅持し、真の多国間主義を実践しなければならない」と表明した上で、「協力・ウィンウィンを進めるべきであり、ゼロサムゲームは不要。公平と正義が必要であり、覇権主義は不要。焦点を合わせて行動するべきであり、空理空論にふけるべきではない。多様性を尊重するべきであり、唯我独尊であってはならない」という中国の主張を示した。(提供/人民網日本語版・編集KS)