2021年6月3日、韓国・オーマイニュースは、東京五輪の公式ウェブページ上の竹島表記に反発し、韓国の大学生が日本総領事館前で「奇襲デモ」を行ったと伝えた。

記事によると、韓国大学生進歩連合釜山・慶尚南道地域所属の大学生らは3日午前9時10分ごろ、釜山にある日本総領事館にいきなり現れ、外交公館職員らの出勤を阻止しようとした。学生らは、正門から入ってきた領事ナンバーの車両に向かって「日本を糾弾する」と叫んで立ちはだかったが、警察官により制止された。

その後、総領事館前には数回にわたり警告放送が流れたが、学生らは雨の中で1時間近く「独島(竹島の韓国名)が日本の領土と主張する日本政府に反対する」と書かれた横断幕を掲げていた。さらに、警察の解散命令が出るたびに「独島は日本領土か」「日本領事は去れ」などと叫びながら抵抗したという。午前9時20分には約30人の警備隊が投入され、学生らを総領事館外に連れ出した。

午前9時40分ごろには日本総領事の車が領事館の敷地内に入り、20分後の10時7分になってようやくデモは終了。学生らは「すぐに独島表記を削除せよ。履行しないのであればこれからもやって来る」と警告し、自ら解散したという。

大学生によるこうした反対デモは、ソウルの日本大使館、独立門前に続き今回が3度目だという。大進連所属の学生のうち3人は、今月1日にソウルの日本大使館前で旭日旗を燃やした容疑で逮捕されている。

これを受け、韓国のネット上では「彼らの勇気をたたえたい!」「みんなで参加しよう。自分もそうだし、大統領や政治家が恥ずかしい」「かっこいい学生たちだ」といった称賛の声が上がっている。

また、韓国政府に対し「口先だけの韓国政府の方が憎い」「文大統領と与党は言葉と行動が違う」と不満をあらわにしたコメントも目に付く。

その他「日本では嫌韓デモが日常だというのに、韓国じゃデモしたら逮捕」「誰かに利用されてるんじゃないか?日本も選挙時期になると韓国とケンカしてきた」と指摘する声や、「もし韓国が五輪に参加するのなら、国旗や選手団のユニホームに独島の絵を入れよう」と提案する声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)