米コロンビア大学・持続可能な発展センター長を務めるジェフリー・サックス教授はCNNを通じて22日、新型コロナウイルス感染症の悲劇はかなりの程度は回避できたはずなのに、分裂の文化や無秩序な対応によって、米国史上最も致命的な感染拡大となったと指摘する文章を発表しました。

米ジョンス・ホプキンス大学発表の統計によれば、米国における新型コロナウイルス感染による死者は米国東部時間の20日時点で約67万5000人に達しました。この死者数は1918年に発生したインフルエンザによる死者数を超え、また、第一次・第二次世界大戦や朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガニスタン戦争における米軍戦死者の合計を超えています。

サックス教授は「大多数の感染者は本来ならば死なずにすんだ。しかし米国の政治や経済、個人レベルの分裂の文化によって、命ではなく死がもたらされた。米国は感染拡大に対して、秩序正しく救命措置を取るどころか、最初から混乱していた」と指摘しました。

サックス教授はさらに、「事実が証明したように、米国は非常に奇怪な自由観を持っている。すなわち、他人の自由を傷つけ、貧しい人々や一線の労働者を危険な境遇に置く自由、そして間違った情報を伝える自由である。簡単に言えば、責任を伴わない自由である」と指摘しました。サックス教授はさらに、「この種の身勝手さには驚いてしまう」、「これらの事実は、分裂した私たちの文化の二つの面を反映している。すなわち自由を名目にして責任を負わない共和党のイデオロギーと、長期にわたる低品質な公共教育を原因とする虚偽情報の広がりの文化である」と論じました。

さらに憂慮すべきことは、米国では今も感染が急速に拡大しており、終息する気配のないことです。米国疾病予防管理センター(CDC)による21日発表のデータによれば、米国では9月20日、新型コロナ感染症による1334人の死亡が報告されました。7日間平均の死者は今年3月以降で最も多い1533人でした。(提供/CRI)