1990年代前半に北朝鮮から韓国へ直接派遣された工作員が青瓦台(韓国大統領府)に潜り込んで勤務していたことが明らかになった。脱北者が英BBCのインタビューで証言した。朝鮮日報は「北のスパイが韓国国内の主要人物との接触や抱き込みを行った例は過去にあったが、青瓦台は前例がない」と報じた。

証言したのは脱北者のキム・グクソン氏(仮名)。キム氏は北朝鮮の情報機関でおよそ30年勤め、とりわけ2009年2月に金正恩氏が自らの権力強化のため創設した対南・海外工作業務総括指揮機関である偵察総局で5年間、大佐として勤務したといわれている。

キム氏は14年に脱北して韓国国内に定着した後、情報機関の国家情報院傘下の機関で働き、数年前に退職したという。BBCは「彼が暴露したすべての内容を検証することはできないが、彼の身元は確認されており、一部の主張が事実と一致することを確認した」と伝えた。

インタビューの内容は朝鮮日報がBBCの報道を引用して詳しく紹介。同紙は「1990年代前半は盧泰愚政権(1988〜93年)および金泳三政権(1993〜98年)の時代」と補足した。

証言の中でキム氏は「(私が)スパイを直接育成し、韓国へ派遣した。(スパイが韓国で)工作任務を遂行したのは数件」と語った。「(青瓦台で5、6年働いて)北へ復帰した工作員は(偽ドル事業を行う)朝鮮労働党314連絡所で勤務した」と、極めて具体的に証言した。BBCは「キム氏が開発した北朝鮮の対南戦略目標は『南朝鮮政治の(北朝鮮)隷属化』だった」との見方を示した。

キム氏は朝鮮労働党傘下の作戦部や海外情報機関である35号室、対外連絡部などでも勤務し、金氏一家の統治資金調達のための事業にも関与した。「1990年代の『苦難の行軍』時代に故金正日氏の革命資金が底を突いたが、私が3人の外国人を北朝鮮に連れてきて麻薬生産基地をつくり、運営した」「氷(覚せい剤を指す隠語)をドルにして金正日氏の革命資金として納めた」とも述べた。

武器輸出も北朝鮮の重要な資金源だった。キム氏は「北朝鮮は特殊小型潜水艦、半潜水艦、ユーゴ級潜水艦を非常に先端化してうまく造った」とし、「北朝鮮の官僚がイランの参謀総長を呼び寄せて売り込むほど」「北朝鮮は主に内戦状態が長期間続いている国々へ武器や技術を売った」とも話したという。

キム氏が脱北した理由は13年に粛清された張成沢氏の側近だったからだとみられる。朝鮮日報によると、国家情報院は「北の工作員が90年代前半に青瓦台で勤務したという関連内容は事実無根」と反論した。(編集/日向)