福建省南安市にある九牧高端灯塔工場は、主にスマートトイレを生産しており、作業場内のあらゆる機械・設備が5Gアプリケーションによって制御され、生産ラインにおける人間と機械の協同を実現、生産効率を26%アップさせている。新華網が伝えた。

デジタル化やモデルチェンジが施されたスマート作業場では、「動態デジタルデータベース」を通じて、作業員のPCR検査情報や健康コード、行動履歴コード、ワクチン接種状況などに対する動態管理監督を実施することが可能で、工場における感染予防コントロールの科学的精度を引き上げ、企業の生産再開に向けたスピードを加速させている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)