外交部の汪文斌報道官は27日、中国はイラン外相の関連表明に注目していると表明し、「米国がロシアとウクライナの衝突で負うべき責任に対して国際社会は冷静かつ客観的な認識を持っていることが改めて示された」と指摘しました。

イランのアブドラヒアン外相はダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会で、米国と北大西洋条約機構(NATO)の挑発がロシアとウクライナの紛争を招いたと述べた上で、イランは対話と外交ルートを通じたロシアとウクライナの紛争解決を支持すると表明しました。

汪報道官は同発言について、「事実を踏まえるならば、国連に加盟する190カ国以上のうち、140カ国以上がロシア制裁に加わっていない。その人口は延べ60億人以上だ。世界の圧倒的多数の国は、国際法上の根拠に欠けており、安保理も権限を授けていない一方的な制裁と『ロングアーム管轄』を発動することに賛成していない。立場を選択させて陣営として対抗することに反対している」と述べました。

汪報道官はまた、「米国は国際社会の客観的で公正な声に真剣に耳を傾け、ウクライナ危機における自らが取るべき責任についてしっかりと反省し、ロシアとの全面的な対話を早急に展開し、政治による危機の解決のための条件を創出すべきだ。対岸の火事を眺めるようなやり方や、火に油を注ぐようなことを、これ以上続けるべきでない」と強調しました。(提供/CRI)