2022年6月24日、韓国メディア・韓国経済は「中国で6月18日に行われる年に一度のショッピングイベント『618』で、LG生活健康やアモーレパシフィックなどの韓国コスメが売り上げ上位40位内にも入らなかった」と伝えた。「618」は京東(ジンドン)が開催する大型のセールイベントで、中国のほとんどのECプラットフォームも参加するため、韓国の化粧品メーカーにとっては上半期の販売の柱となっている。

中国EC最大手「アリババ」傘下「Tモール(天猫)」の集計によると、スキンケア売り上げ上位40位内に韓国メーカーの名前はなかった。昨年はLG生活健康が「后(WHOO)」など主要製品を中心にロレアル、SK2などに続いて売り上げ6位に入ったが、今年は40位圏外となった。

韓国メーカーの全売り上げは公開されていないが、業界では昨年比40〜50%減と推測している。Tモールによると、アモーレパシフィックのコスメブランド「雪花秀」の場合、2020年にはセット商品の事前予約だけで120億ウォン(約12億6000万円)分を売り上げたが、今年は449万ドル(約6億円)水準だという。LGの「后」セットは今年1048万ドルの売り上げ。業界関係者は「LGとアモーレの場合、Tモールのフラッグシップストアでの売り上げは昨年比50〜60%減と承知している」と話している。

化粧品業界では韓国コスメのブランドパワーが中国内で急落していると分析している。中国ではMZ世代(1981〜95年生まれのミレニアル世代と96〜2012年生まれのZ世代)の間で、愛国消費である「国潮」(中国伝統の要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンド)がブームとなり、中国コスメが躍進。ブランドパワーが相対的に弱い韓国コスメの人気が落ちているという。業界関係者は「中国コスメブランドは韓国コスメを急速にコピーし、今では性能に違いがないレベルとなった」「そのため、ブランドパワーのある欧州と日本のコスメだけが生き残っている」と説明している。今年の「618」では、ロレアル、資生堂、エスティローダーなど欧州と日本のプレミアムコスメブランドは昨年比3けたの伸びを見せ売り上げを回復したという。

アモーレパシフィックとLG生活健康、両社とも中国内での売り上げは急落中で、化粧品業界は「米国や日本など他国に目を向け始めている」という。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「中国は信用できない。決して依存してはならない」「中国のネット上では嫌韓がすごいからな」「韓流を統制してるから、化粧品だって売れないんでしょ」「世界でコスメを売っている国は中国だけか?中国は捨てるべきだ」「中国は既に韓国ブランドにとっての重要市場ではない。他国に販売を拡大すればいい」「こうなることは予想されていた。中国はあらゆる技術を盗んでおいて、ある時点になると(韓国を)閉め出す。韓国が生きる道は、中国との取り引きをやめることだ」「中国人がよだれを流して買わずにいられなくなるような商品を作らなければいけない。中国ではトヨタ、テスラ、ベンツは大人気すぎて入手困難なほどだ。それにフランス、イタリアのブランド品、スイス製の時計も。中途半端で中国製品にも代替可能な商品は結局、中国から撤退することになる」「同じパターンでまたやられたのか。巨大市場を武器に進出誘惑→市場進出には現地企業との合弁を条件にする→中国人役員が技術を盗む→技術を完全に奪ったうえで企業イメージ墜落工作→企業撤退、その後の工場は共産党がゲット」など、「中国は信用できない」というコメントが多数寄せられている。

一方、「『后』の場合、Tモール以外ではスキンケア1位になっている。それについてはなぜ触れないの?」「京東ではスキンケア1位が『后』だけど、そこを書かないのはなぜ?」など、記事の信憑性を疑う声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)