中国紙・人民日報によると、中山大学付属第三病院感染科の崇雨田(チョン・ユーティエン)教授が「新型コロナウイルスに後遺症があるという証拠はない」と発言した。厳しいゼロコロナ政策に不満が高まっているとされる中国のネット上で大きな注目を集めている。

記事によると、崇氏は「新型コロナ感染者は回復後には感染力をほとんど有していない。『復陽』(隔離治療後の再検査でウイルスの残存などにより再度の陽性反応が出ること)であっても感染を広める可能性は低く、コミュニティーにとって安全である」との考えを示した。

また、後遺症については医学的な定義があるとし、「感染症患者の中には回復後も一部の臓器機能が長期間正常に戻らなかった場合、後遺症とみなされる人もいる」と述べる一方、新型コロナの場合、味覚や嗅覚の喪失、関節痛、記憶力の低下、胸の痛み、せきなどの症状が比較的長く続くことが見られるものの、崇氏は「これらは新型コロナによる後遺症と分類することはできない」との見解を示し、「現在学会では新型コロナによる後遺症は確認されていない。少なくとも、(それらの症状が)後遺症であると示す証拠はない」と述べた。

このほか、一度感染した人が再び感染することについては、「一度回復した人はウイルスに抵抗力があるため、3カ月程度は同じウイルス株に感染することはないだろう」としながらも、「新たな株が出現したり、その期間(3カ月程度)を過ぎたりすれば、再び感染する可能性はある」と述べた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では「専門家が現在のところ新型コロナの後遺症の証拠はないと発言」がトレンド入り。しかし、厳しいゼロコロナ政策に不満が高まっているとされるためか、寄せられた多くのコメントが閲覧不可の状態になっている。閲覧可能なコメントでは、「感染しても問題ないという話が続々出てきている」「どうやら最近、風向きが大きく変わってきたな」「風向き(政策)によって後遺症のありなしが決まる」「はははは。前方に急カーブ(大きな政策の転換)あり。シートベルトをしっかり締めよう」といった声が上がっている。(翻訳・編集/北田)