中国メディアによると、米電気自動車(EV)大手のテスラは21日、中国で小型セダン「モデル3」、多目的スポーツ車(SUV)「モデルY」、上位車種のセダン「モデルS」、SUV「モデルX」の価格を引き下げた。

うち大きく改良された「モデル3」は5.7%安い23万1900元(約495万円)から。

これを受け、中国メディアは「テスラとシャオミのSU7の価格差は1万6000元(約34万円)に縮小」と報じている。

シャオミ「SU7」

中国家電・スマホ大手の小米(シャオミ)は3月28日、EV参入第1弾モデルとなる小型セダン「SU7」シリーズを発売した。価格は標準モデルが21万5900元で、共同創業者で最高経営責任者(CEO)の雷軍(レイ・ジュン)氏は「標準モデルの定価21万5900元はテスラのモデル3より3万元安い」と語っていた。(翻訳・編集/柳川)