米成長率、政府機関閉鎖でトランプ政権発足以来最低の公算

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - バンク・オブ・ザ・ウエストは17日、米政府機関の一部閉鎖により、米国の経済成長率はトランプ政権発足以来最低となる可能性があるとの見方を示した。

米政府機関の一部閉鎖はこの日で28日目。バンク・オブ・ザ・ウエストのアナリスト、スコット・アンダーソン氏は、先行き不透明性が高まる中、家計は消費を手控えるとして、政府機関閉鎖を理由に第1・四半期の成長率見通しを0.3%ポイント引き下げた。これに加え、昨年第4・四半期の株価下落の影響で0.1%ポイント引き下げ、第1・四半期の成長率予想を1.7%とした。

他のエコノミストや連邦準備理事会(FRB)当局者の間からも、政府機関閉鎖が長期化すれば消費者心理が悪化する恐れがあるとの見方が出ている。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索