ロイター企業調査:19年度設備投資姿勢は慎重化、海外より国内に軸足

ロイター企業調査:19年度設備投資姿勢は慎重化、海外より国内に軸足

[東京 20日 ロイター] - 2月ロイター企業調査によると、企業は2019年度設備投資について、世界経済の不透明感から慎重姿勢を強め、投資を絞りこんでいる姿が浮かび上がった。不透明感が募る海外よりも国内投資に軸足を置き、省力化や人工知能・IoTといった先端情報技術への投資を拡大する傾向がうかがえる。

調査期間は2月1日─14日。資本金10億円以上の中堅・大企業480社に調査票を送付し、250社程度が回答した。

国内と海外の設備投資計画について、前年の計画よりも増額するとの企業の割合は、国内が30%に対し、海外は19%にとどまった。国内投資を増額する企業の割合自体も、17年2月のロイター企業調査と比べて3ポイント減少。減少させると回答した企業の割合は、前回調査と比べ4ポイント増えた。

国内投資を増額させると回答した企業からは「取引先の国内回帰に合わせて、国内工場のIoTなど効率生産設備の導入を計画中」(紙・パルプ)、「(顧客の)設備投資が国内に戻ってきているから」(化学)といった声が聞かれる。

一方、国内・海外投資とも横ばいないし減額方向との回答企業からは「海外リスクの高まりから景気の先行きが不透明なため」(その他製造業)、「世界経済の減速不安を考慮し、投資は慎重にならざるを得ない」(輸送用機器)といった見方が強い。

それでも人工知能やIoTなど情報化投資は、前年比拡大するとの回答が51%と半数を占めている。「ICT(情報通信技術)搭載の建設機械のイニシャルコストが高い」(サービス)、「国内外とも自動化投資を行う必要」(ゴム)といった状況がうかがえる。

また、人手不足が加速するもとで、省力化投資も44%の企業が拡大を計画している。

逆に「能力増強」と「買収・提携」への投資は減額方針の企業の割合が、2桁となっている。「ここ数期間で、関連製造業の増産投資はひと段落、海外は低調のまま推移している」(機械)といった声や、「新たに投資する分野は見当たらない」(小売)など、景気がピークを越えたことをうかがわせるコメントも寄せられている。

(中川泉 編集:田巻一彦  )


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索