子供のフェイスブック利用問題、米上院議員がFTCに対応要求

子供のフェイスブック利用問題、米上院議員がFTCに対応要求

[サンフランシスコ 21日 ロイター] - 米上院民主党のエドワード・マーキー、リチャード・ブルーメンソル両議員は21日、交流サイト大手フェイスブック<FB.O>が同社のプラットフォーム上で子供を欺いて有料サービスを利用させているとする消費者団体の申し立てについて、連邦取引委員会(FTC)に対応するよう求めた。

消費者団体は、フェイスブックが子供を親の許可なくゲーム内の有料サービスを利用するよう誘導していると主張。同社が詐欺的行為を働いたかどうかを調査するようFTCに要請した。

フェイスブックはこの問題を巡る集団訴訟で2016年に和解したが、先月に裁判所への情報公開請求により新たな事実が判明した。

公開された裁判資料によると、フェイスブックの従業員はこうした行為を「親しみやすい詐欺」と呼び、何千ドルもの資金を使う子供を、カジノで高額を賭ける客になぞらえて「鯨」と呼んでいた。

両議員は声明で「この問題に関して本日提出された申し立てについて、入念に調査するようFTCに求める。フェイスブックが自社のプラットフォームで子供と家族を守る倫理上の責務を果たすためには、和解の追加案件として処理されるべきではない」と主張した。

両議員によると、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、この問題に関して両議員が書簡で尋ねた質問をはぐらかしている。両議員は「われわれの質問に対するフェイスブックの回答は不十分であり、信頼感を持てる内容ではない」とした。

この問題についてフェイスブックはコメントしていない。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索