欧州委、ナイキに制裁金15億円 欧州サッカークラブの販売阻害

欧州委、ナイキに制裁金15億円 欧州サッカークラブの販売阻害

[ブリュッセル 25日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、米スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>が欧州の著名サッカーチーム(FC)の商品の海外販売を阻害したとして、同社に対し1250万ユーロ(約15億5500万円)の制裁金を科した。

欧州委によると、ナイキの違法行為は2004─17年に行われ、FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド<MANU.N>、ユベントス<JUVE.MI>、インテル・ミラノ、ASローマ<ASR.MI>、フランスサッカー連盟のライセンス商品に関連しているという。

ベステア委員(競争政策担当)は、ナイキの違法行為により、他国のサッカーファンがマグカップやバッグ、ベッドシーツ、文具、おもちゃなどのFC商品を購入する機会が奪われたと言及。「ナイキは多くのライセンシーによるこららのブランド商品の他国での販売を妨げ、消費者の選択肢を減らし、価格を上昇させた」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索