前場の日経平均は大幅反発、米国株下げ止まりで不安後退

前場の日経平均は大幅反発、米国株下げ止まりで不安後退

[東京 26日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比385円49銭高の2万1362円60銭で取引を終え、大幅反発した。米国株に下げ止まり感が出たことで不安心理が後退。日本株は前日大幅安の反動もあり、買い戻しが先行した。3月末の配当・優待権利取りの買いに加え、配当再投資の先物買いの思惑も支えになった。上げ幅は一時400円を超えたが、世界景気の減速懸念は払しょくできず、前日下落分をすべて取り戻すには至らなかった。

TOPIXは同2.25%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆3660億円だった。東証33業種がすべて上昇。その他製品、陸運、金属製品、医薬品などが上昇率上位に並んだ。市場では「米国株が上昇基調に戻るのかまだ見極めにくい。きょうの東京市場は短期筋主導での反発だ。今後は決算シーズンまで模様眺め気分が広がりやすい」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり2007銘柄に対し、値下がりが107銘柄、変わらずが26銘柄だった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索