トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋

トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスでツイッター<TWTR.N>のドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。関係者によると、トランプ氏はツイッターのフォロワーを失った理由について、長時間質問したという。

この会議はホワイトハウスにより先週企画された。

これに先立ちトランプ氏は、ツイッターが反保守派的な偏った姿勢にあると批判していた。

トランプ氏は「(23日)午後にホワイトハウスでジャック(ドーシー氏)と会い、ツイッターのプラットフォームやソーシャルメディア界全般に関する多くの議題を話し合った。開かれた対話の継続を期待する」とつぶやき、ドーシー氏らと一緒に撮影した写真とともにツイッターに投稿した。

ただトランプ氏はその数時間前、特に証拠を示さずにツイッターが「反トランプ」に偏向し、同氏を「共和党員として扱っていない。非常に差別的だ」とつぶやいていた。

一方ツイッターは声明で、ドーシー氏が大統領の招きに応じて「建設的」な会談を行ったと述べた上で、同社が来年の選挙に向けて健全な世論形成の場を守る決意をしていることや、オピオイド危機対策に取り組んでいることなどについて話をしたと付け加えた。

トランプ氏は、ツイッターのフォロワーが減少していることへの不満を示している。10月の投稿では「ツイッターは私のアカウントから多くのフォロワーを削除し、私をフォローすることを困難にする何らかの細工をしたようだ」と批判。その上で「ツイッターの成長が低迷していることは誰の目にも明らかだ。数週間前に宇宙船だったツイッターは小型飛行船になり下がった!完全なバイアスか?」と述べた。

*内容を追加しました。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索