スプリント・Tモバイル合併、米委員長が承認支持 司法省反対報道

[ワシントン 20日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は20日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>とTモバイルUS<TMUS.O>の合併を承認するよう他の4委員に伝えると明らかにした。承認へ大きな一歩となる。

ただ、ブルームバーグ・ニュースは反トラスト懸念が残るとして、司法省が承認反対に傾きつつあると伝えた。これを受け、スプリントとTモバイルの株価が上げ幅を縮小した。

FCCのカー委員も合併の承認に賛成票を投じる意向を示した。合併にはいくつかの変更が必要とされ、両社はFCCへの提出資料の中で、スプリント傘下のプリペイド携帯電話部門ブースト・モバイルを売却する意向を示した。

Tモバイルは、合併後の企業が次世代通信規格「5G」で世界を主導するネットワークを構築し、地方への安定的な5Gブロードバンド提供などを目指すとした。

一部の専門家や上院議員は、結果として携帯電話サービス価格が上昇すると予想した。

ローゼンウォーセルFCC委員(民主党)はツイッターで「この種の統合が航空会社や製薬会社で見られたが、消費者に十分便益が及ばなかった」として、重大な懸念を示した。

合併の可否を巡っては委員全員による採決が必要。関係者2人によると20日に採決は行われない見通しだが、草案が初めて提出される見込み。

*内容を追加して再送します。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索