NY市場サマリー(21日)

[21日 ロイター] - <為替> 米国の利下げ期待を背景にドルが3日続落。主要通貨に対して3カ月ぶりの安値を付けたほか、対ユーロでも3カ月ぶりの水準に値下がりした。

米欧の金融政策を巡っては米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)が今週、緩和策にオープンな姿勢を表明している。コロンビア・トレッドニードル・インベストメント(ミネアポリス)のシニア金利・通貨アナリスト、エド・アルフセニ氏は「これからFRBとECBの緩和競争が始まる」と予想した。

来週は大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて米中首脳会談が開かれる。ただ両国の通商問題が決定的に打開する可能性は低いとみられる。

主要6通貨に対するドルは対ユーロ<EUR=>で0.67%安の1.1368ドル。一時3月22日以来の安値を付けた。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.42%安の96.219。一時96.204と3月21日以来の安値。

経済指標で6月のマークイット米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が50.1と約10年ぶりの低水準を記録した。[nL4N23S37K]

市場では早ければ7月にも利下げがあると予想。CMEグループのFEDウオッチによると、金利先物が織り込む年内の利下げ幅は最低でも0.75%ポイントとなっている。

海外市場で円は対ドル<JPY=> <JPY=EBS>で107.045円と今年1月3日の高値を付けた。足元では107.33円と横ばい。

トランプ大統領は21日、イランによる米軍の無人偵察機撃墜に対する報復措置として軍事攻撃を承認したものの、その後撤回したことについて、軍事攻撃は無人偵察機の撃墜に対する報復措置としては釣り合いが取れないと判断したためだと説明した。[nL4N23S3CH]

トランプ氏の発言を受け、当初の円買いが後退したという。BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジングディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は「イラン側は米国による対話の提案を拒否しているため、緊張は引き続き高まっている。ただ衝突の危険性は多少和らいでいるようだ」と話した。

<債券> 国債価格が大幅に下落(利回りは上昇)した。米連邦準備理事会(FRB)が年内の利下げを示唆したことを受け、利回りはこの2日で数年ぶり水準に低下したが、利益確定の売りが出た。

前日は米10年債利回りが約2年半ぶりに2%を下回って低下。30年債利回りも2016年10月以来、2年債利回りも17年11月以来の水準まで低下した。

バンク・オブ・ザ・ウエストの首席エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は、トランプ米大統領がFRBに利下げ圧力を強めているが、早ければ来月の「パニック的な利下げ」を求める声は今のところ小さいと指摘。「今後30日で米経済が軌道から外れる深刻な事態に陥ったりしなければ、積極的な利下げの論拠は疑わしいだろう」と述べた。

ただ市場では引き続き、利下げが実施されるとの見方が強い。

米連邦準備理事会(FRB)は18─19日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定。ただ不確実性の増大などに対応するため年内に最大0.5%ポイントの利下げが実施される可能性があることも示唆した。ただ、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標はなお、年内2.25─2.50%にとどまると予想した。[nL4N23Q3NR]

午後の取引で10年債利回り<US10YT=RR>は2.064%と、前日終盤の2.00%から上昇。30年債利回り<US30YT=RR>は2.527%から2.591%に上げた。2年債利回り<US2YT=RR>は1.728%から1.778%に上昇した。

来週は入札が注目される。米財務省は2年債、5年債、7年債など計1130億ドルに加え、2年物変動利付債180億ドルの入札を行う。

<株式> 小幅安。ペンス米副大統領が中国に関する演説を中止したことで米中通商協議への期待が高まる一方、米国とイランの対立が圧迫要因となった。S&P総合500種は取引時間中の最高値を更新した。

この日はオプションや先物の期日が重なるクアドルプル・ウィッチングを迎え、出来高が膨らんだ。

米政府当局者によると、ペンス米副大統領は中国政策に関する演説を中止した。米中首脳会談を来週に控え、緊張激化を回避したいとの思惑が働いたとみられる。この当局者は米中首脳による今週の電話会談が「順調だった」とした上で、ペンス氏の演説を来週の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)以降にずらすことがより適切と判断されたと明らかにした。[nL4N23S3IG]

米中首脳は来週末の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて会談を行う予定で、結果が注目される。

イラン問題について、トランプ大統領は21日、イランによる米軍の無人偵察機撃墜に対する報復措置として軍事攻撃を承認したものの、その後撤回したと表明。理由については軍事攻撃は無人偵察機の撃墜に対する報復措置として釣り合いが取れないと判断したためと説明した。[nL4N23S3CH]

ただ米国が報復に出るとの懸念も根強く、原油相場が値上がりしたことにつられエネルギー株も上昇した。エネルギー株指数<.SPNY>は0.82%高。

株価は週間で3週連続で値上がり。ダウ平均株価は2.41%高。ナスダック総合指数は3.02%高。S&P500は2.20%高。

個別銘柄ではオンライン決済サービスのペイパル・ホールディングス<PYPL.O>が2.2%安。レディー最高執行責任者(COO)が退任すると発表した。

クルーズ運航世界最大手のカーニバル<CCL.N>は4.4%安。2019年の利益見通し下方修正を受け、一部証券会社が目標株価を引き下げた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.63対1の比率で上回った。ナスダックでは1.63対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は86億株。直近20営業日の平均は70億株。

<金先物> 米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利下げ観測が広がる中で買い地合いが継続し、続伸した。8月物の清算値は前日比3.20ドル(0.23%)高の1オンス=1400.10ドルと、中心限月の清算値ベースで2013年9月3日以来約5年9カ月ぶりの高値を更新した。

FRBが早ければ7月にも利下げに踏み切るとの見方が広がる中、金利を生まない資産である金は買い地合いが継続した。また、米国とイランの軍事的な緊張が高まり、金に「質への逃避買い」が入った。さらに、外国為替市場では対ユーロでドル安が先行。ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じたことも相場を支えた。ただ、前日夜に1400ドルの心理的な節目を超えたことで高値警戒感も浮上し、高値付近では利益確定の売りも出やすかった。

金塊現物相場は午後1時35分現在、6.230ドル高の1396.275ドル。

<米原油先物> 米イラン間の軍事的緊張の高まりなどを背景に続伸した。この日から中心限月に繰り上がった米国産標準油種WTI8月物の清算値は前日比0.36ドル(0.63%)高の1バレル=57.43ドル。中心限月の清算値ベースで約3週間ぶりの高値を更新した。9月物の清算値は0.37ドル高の57.50ドルだった。

米無人偵察機がイランに撃墜された問題で、トランプ米大統領は21日、ツイッターで、イランへの報復攻撃を20日に計画したが開始10分前に撤回したと明らかにした。具体的な攻撃内容を決めたが、最終的に無人機撃墜への報復として「釣り合いが取れない」と判断したという。ロイターによると、イラン側は中東オマーンを通じ、トランプ大統領から「攻撃が差し迫っている」と警告するメッセージを20日深夜から21日未明にかけて受け取っていた。米国によるイランに対する軍事的報復は直前で回避されたものの、両国関係は依然予断を許さない状況で地政学的リスクが高まっており、中東地域の供給に混乱が生じるのではないかとの不安心理が原油相場の買いを促した。

このほか、協調減産の延長を協議する石油輸出国機構(OPEC)総会などの日程が7月1、2両日で確定したことも引き続き好感されている。

一方、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズがこの日午後に発表した21日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は前週比1基増の789基と、3週間ぶりに増加に転じたが、市場の反応は限定的だった。

ドル/円 NY終値 107.30/107.33 <JPY21H=>

始値 107.55 <JPY=>

高値 107.73

安値 107.31

ユーロ/ドル NY終値 1.1366/1.1370 <EUR21H=>

始値 1.1307 <EUR=>

高値 1.1377

安値 1.1302

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 105*31.50 2.5862% <US30YT=RR>

前営業日終値 107*08.50 2.5270%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*26.00 2.0591% <US10YT=RR>

前営業日終値 103*11.00 2.0010%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*30.50 1.7972% <US5YT=RR>

前営業日終値 101*07.50 1.7380%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*21.38 1.7719% <US2YT=RR>

前営業日終値 100*24.13 1.7280%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26719.13 -34.04 -0.13 <.DJI>

前営業日終値 26753.17

ナスダック総合 8031.71 -19.63 -0.24 <.IXIC>

前営業日終値 8051.34

S&P総合500種 2950.46 -3.72 -0.13 <.SPX>

前営業日終値 2954.18

COMEX金 8月限 1400.1 +3.2 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1396.9

COMEX銀 7月限 1529.0 ‐20.2 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1549.2

北海ブレント 8月限 65.20 +0.75 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 64.45

米WTI先物 8月限 57.43 +0.36 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 57.07

CRB商品指数 178.5197 ‐0.1083 <.TRCCRB>

前営業日終値 178.6280

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索