独IFO業況指数、6月は97.4 3カ月連続の低下

独IFO業況指数、6月は97.4 3カ月連続の低下

[ベルリン/ミュンヘン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が発表した6月の業況指数は97.4と、前月の97.9から低下した。低下は3カ月連続。2014年11月以来の低水準となった。第2・四半期の同国経済がマイナス成長になるとの見方が強まった。市場予想は97.2だった。

IFOのクレメンス・フュースト所長は「ドイツ経済は低迷に向かっている」とし、製造業とサービス業の双方で業況が悪化したと指摘した。

これまで製造業の業況悪化をサービス業でカバーする状況が続いていた。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)は今月発表した月報で、第2・四半期の国内総生産(GDP)は、第1・四半期の一時的な押し上げ効果が剥落したため若干減少するとの見通しを示した。[nL4N23O2GK]

ドイツ経済の成長は、良好な雇用情勢と低金利、賃金上昇を背景とする個人消費がけん引している。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は、米中貿易戦争がドイツ経済の不透明感の主因だと指摘。英国の欧州連合(EU)離脱問題や米国とイランの緊張拡大は不透明感の主因ではないとの認識を示した。イラン情勢は、緊張が大幅に高まった場合や原油価格が急伸した場合に、影響が出てくる可能性があるとみている。ドイツが景気後退に陥るとは予想していないという。

キャピタル・エコノミクスのChristina Iacovides氏もリポートで「第2・四半期のドイツ経済は、底ばいよりも少し良い状態に減速する見通しだ」と指摘した。

6月のIFO現況指数は小幅に上昇。期待指数は2月以来の水準に低下しており、業況指数低下の背景には、米国と中国・欧州連合(EU)の貿易戦争が悪化し、輸出がさらに打撃を受けるとの懸念があるとみられる。

INGのカルステン・ブルゼスキ氏は、サービス業が引き続き経済全体を下支えし、製造業の減速も底入れするだろうと予想。「ドイツ製造業の底入れが視野に入ってきた。欧州中央銀行(ECB)は最近ハト派姿勢に転換しており、新規国内投資の資金調達条件は良好な状態が続くだろう。ただ、明確にしておきたいが、底入れは力強い反発には程遠い」と述べた。

*情報を追加します。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索