次回FOMCで50bp利下げは不要ーセントルイス連銀総裁=TV

次回FOMCで50bp利下げは不要ーセントルイス連銀総裁=TV

[ワシントン 25日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は25日、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利下げが必要だとは考えていないと述べた。

同時に、米連邦準備理事会(FRB)は前週のFOMCで利下げに踏み切るべきだったと述べた。

ブラード総裁はブルームバーグTVとのインタビューで「現状を踏まえると、50bpの利下げは行き過ぎと感じる」とし、「50bpの利下げが必要な状況にあるとは考えていない。しかし、25bpの利下げには前向きになるだろう」と語った。

FRBは18─19日に開いたFOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定。ただ不確実性の増大などに対応するため年内に最大0.5%ポイントの利下げが実施される可能性があることを示唆した。ブラード総裁は利下げを主張し、政策決定に反対した。

ブラード総裁は7月に50bpの利下げを提言しない理由について、利下げは「保険的なもので、市場動向に配慮した通常の金融政策の調整にとどまるべきもの」とし、「大きな動きを取る必要があるとは考えていない」と述べた。

その上で、年末までに計50bpの利下げを予想した。

*内容を追加しました。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索