米国の性的少数者雇用、なお不十分=NY連銀総裁

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は25日、米国での性的少数者(LGBT)の雇用を巡る状況は十分でないとの考えを示した。

ウィリアムズ総裁はLGBT関連の金融産業のイベントでの講演原稿で、性的少数者の失業率は全国平均の約2倍の水準になっていると指摘。「ニューヨーク連銀総裁として最大雇用と物価安定の2つの重要な目標に注力している。(失業率に関する)統計はこのような会議が必要な理由を明確に物語っている。現状は十分でない」と述べた。

経済や金融政策の見通しなどについては言及しなかった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索