日経平均は続伸、外部環境に落ち着き ジャクソンホール前の手控えも

日経平均は続伸、外部環境に落ち着き ジャクソンホール前の手控えも

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は続伸。前週末の米国株が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から先物主導で買いが先行した。一時上げ幅を200円超に拡大したが、買い一巡後は週末のジャクソンホール経済シンポジウムを控えて様子見ムードが広がった。東証1部の売買代金は節目の2兆円を割り込むなど商いは細ったままで、前週に続いて市場参加者が少なかった。

独シュピーゲル誌は16日、ドイツの連立政権が、景気後退に陥った際に備えて財政均衡ルールを撤廃し、新たな借り入れを行う用意を整えると報道。ドイツ経済が景気後退を回避するとの期待が広がり、前週末の米国株市場で主要3指数が大幅に上昇した。

外為市場では、ドル/円が106円前半と前週末とほぼ変わらない水準で安定。日経平均は一時8月14日以来となる2万0600円台を回復した。その後は、トランプ米大統領のファーウェイ排除を示唆する発言や香港のデモなど世界情勢も警戒され、積極的に物色する動きがみられなかった。

一方、アジアの主要株価指数の堅調推移が投資家心理の支えとなり、下押しも限定的だった。午後は2万0500円台半ばから後半を中心に小動きとなった。「週末にイベントがあるのでどうしても動きづらい」(東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏)との声も出ていた。

市場の関心は、ジャクソンホール経済シンポジウムで行われるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演に向かっている。「パウエル議長が市場の『過度な利下げ期待』をけん制するかどうか」(ソニーフィナンシャルホールディングスのチーフアナリスト、尾河眞樹氏)が注目されるという。

個別銘柄では、トヨタ自動車<7203.T>、ソニー<6758.T>など主力輸出株がしっかり。そのほかユニー・ファミリーマートホールディングス<8028.T>が大幅続伸した。ユニー・ファミマは16日に「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)<7532.T>の株式を追加取得すると発表。シナジー効果を期待する買いが先行した。

業種別では東証33業種中、サービス、ゴム製品を除く31業種が値上がりした。石油・石炭製品、証券、不動産などの上昇が目立った。東証1部の騰落数は、値上がりが1518銘柄に対し、値下がりが515銘柄、変わらずが117銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20563.16 +144.35

寄り付き    20590.47

安値/高値   20502.66─20633.90

TOPIX<.TOPX>

終値       1494.33 +9.04

寄り付き     1496.03

安値/高値    1490.30─1498.32

東証出来高(万株) 90499

東証売買代金(億円) 15433.28


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索