「パウエル氏は中国主席上回る敵か」、トランプ氏が講演を批判

「パウエル氏は中国主席上回る敵か」、トランプ氏が講演を批判

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長が習近平・中国国家主席を超える「敵」かと疑問を投じ、同議長に対する「口撃」を強めた。

パウエルFRB議長はこの日、ワイオミング州ジャクソンホールで開催中の経済シンポジウムで、中国との貿易戦争や米経済を巡るリスクなどについて講演。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを行うかについては明言しなかった。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「相変わらずFRBは何もしていない!私が何をしているのかも知らず、私に尋ねることもなく、『講演する』など信じられない」と批判した上で、近く何らかの発表を行うことを示唆した。

その上で「唯一の質問は、われわれにとってパウエル氏と習氏のどちらがより手強い敵だろうか」と述べた。

トランプ大統領はまた、ドルやFRBに影響する措置を講じることを示唆したものの、具体的な内容は不明。さらに、中国が同日発表した対米報復関税に対応する構えを示した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索