独ZEW景気期待指数、9月はマイナス22.5に上昇 予想以上に改善

[ベルリン 17日 ロイター] - ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した9月の独ZEW景気期待指数はマイナス22.5で、8月のマイナス44.1から改善した。ただ貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不確実性を背景に独経済見通しは依然として悲観的という。

ロイターがまとめたエコノミストの予想はマイナス37.0だった。

現況指数はマイナス19.9と前月のマイナス13.5から悪化。ZEWによると2010年5月以来の低水準。アナリスト予想はマイナス15.0だった。

ZEWのワムバッハ所長は「景気期待指数は上昇したが、今後6カ月の独経済成長が問題なしというわけではなく、見通しは依然ネガティブ」と指摘。景気期待指数が上昇した理由として、米中貿易摩擦の激化が予想されていたが、実現しなかったためとした。

米中両政府は9月上旬、10月に閣僚級の貿易協議を再開することで合意した。

ワムバッハ所長は「合意なき英EU離脱が回避される見込みはまだある」としたほか、欧州中央銀行(ECB)が追加緩和でユーロ圏の経済リスクを低下させようとしたことも景気期待指数の上昇につながったとした。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索